安心してコンタクトレンズを使用するための方法!

ソフトコンタクトレンズの傷は取扱次第で防げるケースも

ソフトコンタクトレンズに付く傷というものは、余程視力に自信がある人でもない限り、肉眼で確認出来るケースは大変少ないものです。
それだけ微細で表面上分かり難いものであり、着用して違和感や痛みを感じ、初めてそれに気付くケースが多くなっているのです。
ソフトコンタクトレンズは素材が柔軟で繊細な分、外部からの衝撃や異物の引っ掛かりにより、容易に破損し易いものです。
それゆえ普段からの取扱には十分注意する必要があります。
特に破損のリスクが高いのがコンタクトレンズの着用時です。
レンズを直接指に乗せ、眼球に着用する一連の動作の中で、指に異物が付着したままレンズをその上に乗せると、その部位の破損の直接的な原因となり得ます。
またレンズの縁は中央部に比べ破損のきっかけとなり易い事も確かで、縁のちょっとした破損がレンズ中央に向かって破れとなって進行し、着用不可能となる程の違和感を生じるケースも多くなっています。
また、保存液の中でしっかりと展開せず、二つ折りの状態になっているレンズを無理に展開しようとすると、密着部分が剥がれる際に破損が生じる事があります。
この場合、ゆっくり焦らずレンズを広げる事が大事です。

コンタクトレンズで目に傷をつけないコツ

コンタクトレンズは眼球に傷をつける要因になりやすいですが、少し気をつけて扱うことで安全に使用することが出来ます。
一番傷がつきやすい瞬間は、眼球から取り除くときであり、眼球の表面が乾燥していた場合には特に取り外すことが難しくなります。
取り外すときのコツは、まず、外す前にコンタクトレンズ用の目薬をさして潤いを眼球に与えることです。
潤った後にコンタクトレンズを瞳部分からずらし、眼球から取り除くときには、決して爪でつまんだりせずに指でそっと取り外します。
初心者の場合は、爪が短い方が取り外しやすいため、ネイルなどを行っている場合には細心の注意が必要です。
装着するときにも多少の注意は必要であり、必要以上に指で眼球部分を触らないように心がけることで傷がつく可能性を大きく減少させることが出来ます。
装着時に眼球を手で擦らないようにすることも重要であり、痒みを感じたときや、ごみが入ってしまったときには目薬でケアを行います。

Valuable information


平屋 注文住宅


Last update:2019/6/27

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

上へ▲